マルタ留学ブログ | 海外旅行・英語

マルタ留学&TOEIC975点 & 英検一級

初めて日本に来たガチオタ外国人JKとメイド喫茶行ったよん

f:id:ryugaku_summer:20190331003846j:plain

ホームステイに来たJKはガチオタだった

うちに来てくれたニュージーランド人のJKは、ガチオタでした\(^o^)/

しかもセーラームーンとかではなく、進撃の巨人や東京グールなどのグロい系、人がいっぱい死ぬ系、ゾンビ系や変ゼミなどのサイコ系のアニメが大好きな個性的な子で。漫画の趣味は違えど一緒に夜遅くまで漫画談義をしたり、オススメの漫画やアニソンを教えてもらったり、一緒に絵を書いたり(もちろん漫画の絵)、結構楽しめました。

このホームステイ(NZなのでNちゃんとする)、丸一日一緒に過ごす日があってどこに行くか一生懸命考えていました。
すごく良い子で、どこを提案しても「私にとっては全てがNEWだから、どこでも楽しいです」みたいなことを言ってくれて、まあそれはそれで良いんだがやっぱりこの子が一番楽しい!と思える体験をさせてあげたい。
っつーわけで提案したのが「日本橋オタロード」。

ここはなんば駅のすぐ近くにある電気街で、アニメやフィギュアなどのオタクグッズが揃う、大阪の秋葉原と呼ばれるところらしい。

大阪に住んでるけど大阪に全く詳しくないわたし、もちろんオタロードというものの存在も初めて知りました。笑
その昔秋葉原やメイドカフェに行ったことはあるけど、観光の仕方がよくわからない・・。行っただけで楽しめるもんなのかな?

よく分からなかったのでなにかイベントを挟んだ方が良いだろうと思いメイドカフェを予約してみることにしました。
Nちゃんにオタロードのことを話したら喜んでいました。

オタロードに到着

オタロードの写真は一切撮ってないですw

メンバーは、わたし、Nちゃん、旦那、子供(2歳)。


なんかもう、別世界でした。
パソコンやらそのパーツやらが売っている店、アニメイト的な店、フィギュアが所狭しと並んでいる店、超懐かしいスーファミのソフトがずらりと揃えてある店、景品が全部アニメグッズのゲームセンターetc...


すごい楽しいね!!!!!!


Nちゃんも大喜び。
クレーンゲームでアニメのキャラがめっちゃ載ってるおもちゃを取ろうとして奮闘するNちゃん。1000円使ってもとれず、わたしと旦那で500円ずつカンパするも取れなかった(T_T)

2000円/(^o^)\オワタ


Nちゃんが「プリクラ撮りたい!」と言うのでプリクラ屋さんにもGO。「加工は無し」のモードを選んだにもかかわらず、目がめっちゃでかくなりました。

わたしも日本人にしては目が大きい方なのでプリクラとるとかなり気持ち悪くなるのですが、Nちゃんはそれ以上でした。もはや宇宙人。カメレオンみたいな感じw あごもめっちゃシュッとなって、丸顔のわたしは良いがもとからシュッとした美人のNちゃんの顎、もはやどっかに刺さりそうww
ほんで旦那はオカマみたいになってるしw

でもNちゃんは満足だった様子。よきかな。


そしてついに満を辞してメイドカフェへ!!

メイドカフェ突入

行ったお店は「めいどり〜みん」というお店。
https://maidreamin.com/shop/detail.html?id=16

秋葉原などにもあるチェーン店ですよね。有名なお店の方がなんとなく安心かな?と思って予約しておきました。

予約も店にするのではなく、事務所(元締め?)のようなところにかけました。全国のお店の予約を一括してその事務所がやっていると思われます。
メイドさんが出ると思ったので、電話先の方が普通のテンションだったのでガッカリしたようなホッとしたような😅

わたし「外国人の方を連れて行くのですが英語対応などはされているのですか?」

と聞くと

オペレーター「メイドたちはほとんどがバイリンガルではありませんが、外国のお客様の対応は慣れているので大丈夫ですよ🙆‍♀️」

とのこと。ステキー!!!


話は戻って、メイド喫茶の店内に入りましたよ。


最初にメイドさんから結構長い説明があります。


メイド「いらっしゃいませ、ご主人様、お嬢様💓


なんたらかんたら〜〜

今から入国の儀式をします🌟萌え萌えキュン💓って言ってくださいね💓」


わたし(英語)「Nちゃん。今からわたしたちは違う国に行きます。それでイミグレの儀式をしないといけないので。萌え萌えキュンってやってね」


Nちゃん「OK(真顔)」



メイド喫茶「萌え萌えキュン💓」


わたしら「萌え萌えキュン💓💓💓」


Nちゃん「モエモエキュン(真顔)」




Nちゃん、ずっと真顔だが大丈夫なのか?!?!
メイド喫茶に連れて行ったのは間違いだったのかな?
引いてる?!びっくりしてる?

少し不安になりました。



その後もメイドさんを呼ぶときは「にゃんにゃん💓」と言わないといけないなどさまざまな辱め・・ではなくめいどりーみんというお国のルールをこなし、さあご飯を食べようというときに!!!


いきなりライブが始まりました。



なんとそこにいたメイドのお姉さんが一人ステージに立って音楽に合わせて踊り始めたのです!!!!


その動きの機敏なこと!!!!!
そして気づいたら周りにいるおじさま'sが特攻服を着てダンスをはじめ、その一体感たるや・・!


本気で感動してしまいました。すごい!!!!
小さなステージなんだけど素晴らしいショーを見せてもらった気分。
1曲5分くらいあるんだけど、その間AKBより激しいダンスしてて、絶対疲れると思う。

一人終わったら次は他の子、そして次の子、と次々にライブが始まり4,5人分のライブを観賞しました。
ファイヤー、タイガー、的なやつもやりました。他にも観客が叫ぶポイントがあって、控えのメイドさんが歌詞を書いた大きなホワイトボードを上げてくれるのでそれを見ながら叫びます。

「やっぱり●●子は可愛いな、やっぱり●●子は俺の嫁」
とか、おじさま'sと一緒にめっちゃ叫びました。
おじしま'sも変な感じでなく紳士的な素敵な人たちでしたよん。



あとでメイドさん聞いて分かったのですがライブはなんと有料オプションで、他のお客さんが何千円も払ってくれていたおかげでわたしたちはタダで見ることができていた模様。


本当に見れてよかった!!!!!
メイドさんのダンス、本当に素晴らしかった👏
特攻服のファンの方たちのオタゲーダンスも本当に機敏ですごかった!!!




だがしかし。






チラッとNちゃんのほうを見ると


Nちゃん「真顔」





子供の反応は



子供「唖然」


開いた口が塞がってませんでした。





旦那はというと




旦那「真顔」





感動してうるっときてたのわたしだけ?!?!
(ちなみにわたしは感動しやすいタチで、イルカのショーや吹奏楽、和太鼓の演奏とかでもボロボロ泣いてます)




メイドさんの何が素晴らしかったかって、「生きてる!!!!!」っていう生命力が伝わってくるところ。特攻服を着ていた常連さんたちもきっと元気をチャージしに来ているに違いない。

正直、カフェに入った瞬間は「メイドさん、そんなに可愛くないな・・」とか、「自分も若かったらこのバイトできそーやな」とか思ったけどとんでもない!!!!!

踊りはじめたらすっごいキラキラして、スターみたいに人を惹きつけるのよ。これは自分にはできない、こんなスター性は自分にはないなって思ったよね。表現力もすごい。




たど、Nちゃんは真顔でした。




わたし「Nちゃん、楽しい?」



Nちゃん「ハイタノシイデス(真顔)」



わたし「うむ・・」





本当に楽しいのかな?!?!?!???!





その後、メイドさんが回ってきて「一緒に写真撮りますか?



ポラロイド一枚800円です💓」



と。




高いな/(^o^)\




わたし「Nちゃん撮りたい?」





常に真顔だし、そんなに興味なかったかな?と思いながら恐る恐る聞いてみると・・・




Nちゃん「撮りたいです





ええええええええええええ



撮りたいんかーい!!!!!




メイド「どのメイドが良いですか?一人選んでください💓」




わたし「どのメイドさんと写真撮りたい?」



Nちゃん「ナンデモイイデス」(誰でも良いという意味)




えええええええええええ




仕方ないのでテキトーに選び写真撮影。



その後、メイドが代わる代わるNちゃんに話しかけてくれました。



それまではずっと日本語オンリーだったのですが、個別に席に来てくれたときは2,3人の子が英語で話しかけてくれました。しかもみんな1年程度の留学経験アリ!!
メイドさん、インテリ・・?!?!

もしかしたら国際交流がしたくてメイドになった子もいるのかもしれないですね。




そんなこんなでまたまた帰り際に。




メイド「最後にくじ引き引いていきませんか?

1回300円です⭐︎」



わたし「何が当たるんですか?」



メイド「メイドのポラロイドとか缶バッジとか、、


1等はCDです💓」




わたし「そ、、そっか


わたしは今回はやめとこうかな⭐︎」



旦那「俺もやめておこうかな⭐︎」




Nちゃん「やります」





えええええええええ




しかも




Nちゃん「ゴソゴソ」




メイド「一等でましたーー!!!!」





ひえええええええ
引きつええええええええ




そのとき、Nちゃんは始めて笑っていました!!!!
この滞在を通してなかなか笑顔を見せない子だったので、本当に楽しいんだなと思いました。


メイド喫茶、行ってよかった!!!!


その後、メイド喫茶の話で少し盛り上がりました。
Nちゃんは真顔だった割にすっっっっごく楽しかったみたい。

あと、後から知ったのですがNちゃんは「進撃の巨人」などの「東京グール」などのちょっと怖くてグロい漫画の他に、「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」という萌え要素のあるラノベなどにも造詣が深く、よって「萌え」という概念はおそらく持っていたように思います。だからこそメイド喫茶は「予習してきたことの確認」みたいな感じだったと思います。

おそらく「異文化に触れた!」と強く感じたのはむしろわたしたちの方なんじゃないかな。アニメや萌え文化からは遠ざかっているわたしたちですら「異次元の世界に突入する楽しさ」が十分に味わえたので、きっとガチオタの子じゃなくても外国人の方はきっと楽しめるのかな?って思います。


ちなみにこの話をおなじみのLanguage exchangeパートナーのオーストラリア人女子(大体同い年)にしてみました。
オージーガールなのでOちゃんとします。

(会話は日本語)
Oちゃん「インスタをみました。メイドカフェに行きましたね?」


わたし「そうそう。


Nちゃんはとても喜んでいましたよ。Oちゃんも東京に来たとき行っていましたね。」



Oちゃん「わたしはあの店は少し不快でした。


もしオーストラリアにメイドカフェがあったらかなり変と思います。

新聞などのメディアはそのカフェについて色々と書くと思います」


Oちゃんは、メイドカフェ自体は楽しめたけどその存在に少し疑問を感じたらしいです。「女性蔑視を加速するサービスだから、どうかと思う」とのこと。なるほど、そういう考え方、無かったな。Nちゃんにもそういう切り口で質問をしてみればよかった。

というわけなので外国人の方はメイドカフェを「コンテンツ」としては楽しめるけど、もしかしたら「こういうサービスが普通にあるって、変だな」って思いながら帰るかもしれませんね。

ちなみにめいどりーみんのメイドさんの時給っていくらかな?と思って調べたら1100円+歩合でした。
多分写真(800円)やライブ(1〜2千円)の指名などからチップが追加で払われるのだと思います。

この話をしたらNちゃんもOちゃんも「チップを考慮しても安すぎ」と驚いていましたね。なんばのファストフード店と変わらない金額なのでわたしも正直驚きました。

でも、裏を返せばファストフード店を選ばずメイドカフェを、選んで働いているってことはその仕事が本当に好きな人がメイドになっているのかな、もしそうなら素敵な話なんじゃないかな。そんなことを思いました。

てなわけで。
まとまりがないのですがここで失礼します!!では!!