マルタ留学ブログ | 海外旅行・英語

マルタ留学&海外旅行&TOEIC920点

ドイツ・フランクフルト弾丸観光にいってきた その2・フランクフルト空港から市内に出て1日観光

<関連記事>ryugaku-summer.hatenablog.com


インフォメーションでフレンドリーなおじさんたちに支持された通りに電車のホームへ。
でもわたしはかなりの方向音痴。

三人ぐらい見知らぬ人に聞いてやっとフランクフルト市内行きのホームにたどり着く。

初めてのヨーロッパ一人旅。怖くて震えていた笑
電車に乗る際も、周りの人に確認してから乗車。
車内に人はちらほら。(チキって写真撮れず。)

車両にアジア人はわたしだけで、全員が舐めるような目で見てくる。
ビーサン+五本指ソックスが原因かもしれないが。(関連記事参照)

でももうそれ慣れた。(ジロジロ見られること)
ヨーロッパではよくあることなので。

しかし車内に本当に人が少ない。
羽田空港から東京駅いく電車はいつも混んでいるのに・・・。
不安になってくる。

キョロキョロしていると、ボックス席の目の前に座っていた革ジャンの場末風のおばさんが笑いかけてきたため、話しかけることにした!

わたし「この電車ってここ行きますよね?」

空港でもらった地図を見せながら話しかける。

f:id:ryugaku_summer:20151201100518p:plain
空港でもらった地図はこんな感じ。空港からフランクフルト中央駅まではたったの5駅。


場末 「0r04−8いおfはsflks9つおぢ」


わたし「?!?!?!」


この人、英語話せなかった。

ボディーランゲージで意思を伝える。
すると、この人も同じ駅で降りるらしく、一緒に降りよう!的なジェスチャーしてくれた。


ありがとう、場末のおばさま。

人は見た目じゃないっっ!!!


場末「この駅降りてどこ行くの?」

・・・はっきりとは考えていなかった。

わたし「オペラハウスです!」

場末「OK」


そして、20分くらいでというhauptwache駅に着く。
frankfurt hauptbahnhof駅ではないので注意。


場末と一緒に地下から地上へ出ると、フランクフルトの街並みが広がっている。
f:id:ryugaku_summer:20151202082259j:plain

オペラ座から一番近い出口を選んで一緒に地上に出てきてくれた場末。

そして場末は、なにか分からない言葉をドイツ語で話して去っていった。


さてここからどうしよう。


わたしは実は極度の方向音痴。地図があってもナビがあっても方向が分からない。
ちなみに、今まで自分よりも方向音痴の人に会ったことが無い。

辺りを見回すと、おしゃれな街並み。

f:id:ryugaku_summer:20151202081056j:plain
マルタともバルセロナとももちろんイビザ島とも違う建築物や街の雰囲気。

f:id:ryugaku_summer:20151202081147j:plain
フランクフルトはビジネスの中心地らしく、街中で日本人のサラリーマンのグループを見かけました。フランクフルト出張とかいいなあ・・・。

f:id:ryugaku_summer:20151130112445j:plain
おいしそうなお店発見。フランクフルトではソーセージの路上販売が非常に多かった。しかも1〜3ユーロと安い。

f:id:ryugaku_summer:20151202081317j:plain
ハーゲンダッツのお店だってこんなにもオシャレ。

しかしまだお腹は空いていなかったし、せっかく場末がオペラ座に近い出口を選んでくれたので、オペラハウスに行くことにした。

方向音痴なわたし、人に道聞きまくり。

わたし「Excuse me, could you tell me how to get to the Opera house?」
   (すみません、オペラハウスにはどう行けばいいですか?)

そこから3人くらいの人に道を聞き、オペラハウスに着く。

駅の出口から徒歩3分くらいだった。めちゃくちゃ近い。場末のおかげ。
1分の1人のペースで道を聞いていたということになる。なんという方向音痴。

やっとついたオペラハウス

f:id:ryugaku_summer:20151202081359j:plain
こちらがオペラハウス。非常に美しい建物です。

中に入ろうとしたらなぜかガードマンに止められた。

わたし「えっ。」

ガードマン「ここからはコンサートを観る人だけです。しかもコンサートは夜です。」

あたし「えっミュージアム的なところじゃないの?中見れないの?空港の人にここ中見れるって言われたんだけど(本当は言われていない)、コンサート観る人だけなの?」

ガードマン「そうです。」


そりゃ聞いてないよ〜・・・。


わたし「じゃ、じゃあゲーテハウスの場所教えてください。」

ガードマン「簡単だよ〜この道まっすぐ行くだけ!」

わたし「ありがとう!では!!」

気を取り直して、ゲーテハウスへ。

f:id:ryugaku_summer:20151130113058j:plain
非常に小さい看板。


「えっここ?!」


て感じだった。

まず受付。荷物はすべてロッカーへ。

フランクフルトカードを出すと、ディスカウントしてくれた。やっぱり買ってよかった。


さて、わたし。
ゲーテのことは、ファウストを書いたと人ということしかしりませんでした。
(しかも、大学受験の際の世界史丸暗記情報)

そのためゲーテがどんな人かとか、ファウストがどんな話かとか、なにも知らない状態でGO。

あの、絶対調べていったほうがいいです。

感想:うわーきれいな洋館ですこと


で終わってしまった。

あとからマルタで旅慣れている日本人Hさんににその話したら

「あなたってクソみたいな旅人だね(笑)」と言われた。

反論の余地無し。


f:id:ryugaku_summer:20151130113230j:plain
キッチン

f:id:ryugaku_summer:20151130113211j:plain
緑色の壁が素敵。こんな家に住みたい。

f:id:ryugaku_summer:20151130113118j:plain
ゲーテが所有した本たち。非常に古い本。

ゲーテハウスの話終わり。

つづく