マルタ留学ブログ | 海外旅行・英語

マルタ留学&海外旅行&TOEIC920点

マルタからバルセロナへの行き方|LCC・Vueling航空

マルタ→バルセロナへの航空券について

わたしは3ヶ月ほど前に予約していたのですが、同じフライトがなんと3日前でも予約できました。(値段は少し上がっていました。)

予約はおなじみ「skyscanner」で最安値を調べ、その後航空会社のホームページで予約するという方法。

マルタからバルセロナへの移動はLCCのVueling air(ヴエリング航空)を利用しました。

Vueling Airlines - Cheap Flights

Vueling Airlines - Cheap Flights

  • Vueling Airlines S.A.
  • 旅行
  • 無料
2015年11月現在では日本語表記はありません。それゆえ英語で頑張りましょう。

予約方法は別記事でアップしますね。

LCCに乗るための事前準備

<必要なもの>

  • パスポート
  • Boarding pass(搭乗券)

f:id:ryugaku_summer:20151120100348p:plain


これさえあれば飛行機に乗ることができます!

ユーロ圏の移動であってもパスポートは必要なので注意!

搭乗券については、わたしは学校の受付に頼んで印刷していきました、しかし友人は携帯の画面に保存したものを見せて通っていました!

21:45マルタ空港到着!

マルタ空港までは路線バスで行きました。(2ユーロ)

飛行機の時間は23:45。

一応2時間前についたけど、マルタ空港はとても狭いので(小松空港くらい?)
ユーロ圏内の移動であれば1時間前、いや30分前でも大丈夫でした。笑

わたしは機内預け荷物が無い身軽な旅人だったため、カウンターでのチェックイン無しで
すぐ手荷物検査へと進みました。

手荷物検査が終わるともう出発ロビーです。

夜ということもあり、人はちらほら。

マルタ空港で携帯の充電はできる?

できます。コンセントが自由に使えるスポットがあるので充電して、さらにwi-fiも繋いでずっとインターネットしてました。
それゆえ2時間はあっという間でした。
写真が無いので申し訳ないのですが、椅子もあり非常にくつろぐことができました。
ラウンジに行きたかったのですが、旅メイトは「Priority pass」を持っていないため断念。

15分前に搭乗ゲートが発表される

出発ロビーについたものの、どこのゲートから飛行機に乗るかはギリギリまで発表されません。電光掲示板で更新されるため、15分前までずっと椅子でのんびりしていました。
ついに搭乗です。

2時間後、バルセロナ=エル・プラット空港に到着!

たった2時間でバルセロナ=エル・プラット空港へ到着。空港は静まり返っていました。深夜とはいえども、大きい空港なのにとても意外でした。
空港近くのホテルを予約していたので、24時間運行のホテルシャトルバスを探してウロウロ。


空港はがらんとしていてスタッフが誰もいなかったため、シャトルバス乗り場がどこにあるか聞こうにも聞けず、空港の「Bus shuttle」みたいな名前の看板を頼りにウロウロ。

がらんとした駐車場にたどり着く。不安になりながらキョロキョロしていると


あった!!

f:id:ryugaku_summer:20151120102028j:plain

ものすごくホッとしたのをおぼえています。

バルセロナで泊まったホテル

こちら↓
www.booking.com

空港から近く、24時間のシャトルバスがあるというのが魅力で選びました。
1泊2名で96ユーロ。ちょっと高めでしたがとても綺麗で大満足でした。

ホテルに着いたのは、結局3時頃。フロントは英語使えました。

その夜、「明日は早起きしてバルセロナ観光しようね」と旅メイトと約束をしたのち、あっという間に寝てしまいました。


航空券予約はこのアプリを使いました

ホテル予約はこのアプリを使いました