マルタ留学ブログ | 海外旅行・英語

マルタ留学&海外旅行&TOEIC920点

安すぎ!?フィレンツェで2.8ユーロで朝食を食べられるカフェ

f:id:ryugaku_summer:20160126093831j:plain
これで2.8ユーロ

フィレンツェ2日目。

前日10:00に寝たため(早)、7:00起床。女一人旅の朝は早くないと。

スムーズにシャワーを浴び、化粧をして、いざ出陣!

ホステルにはもう一泊するので、財布・携帯、パスポートなど貴重品だけ持って服とか下着、化粧品は全部置いていった。

盗まれたら一番痛いのは化粧品だけど盗まれたら盗まれた時だと思い、ロッカーなどは使わなかった。

昨日知り合いになったオーストラリア人が声をかけてくれる。

モニカ「Have a nice day♪」

わたし「You too♪」


ホステルで友達ができるって素敵なことよな・・・
ryugaku-summer.hatenablog.com


この日、マルタでできた韓国人の友達とフィレンツェ郊外のアウトレットに行く約束をしていたのだが、約束は11:00。
まだまだ時間があるので、朝の時間にめいっぱい観光しようと思って早めに出発したのである。

フィレンツェで絶対したいと思っていたこと!
それは


冷静と情熱の間

に出てきたドゥォーモに登る!!!!



わたしの大好きな本であり映画なんです。

冷静と情熱のあいだ(通常版) [DVD]

冷静と情熱のあいだ(通常版) [DVD]

小さい頃、映画の中で見て息を飲んだドゥオーモから映すフィレンツェの美しい街並みが忘れられなかった。

googleで「冷静と情熱の間 ドゥオーモ」と調べて出てきた「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」を目指して歩く。(絶対行きたかった場所の割に名前知らなかった)


ドゥオーモとは 

ドゥオーモ(Duomo)はイタリア語で、イタリアでの街を代表する教会堂の事である。ローマ以外での司教座聖堂の大聖堂にほぼ同じ。 ラテン語のDomusが語源で、神の家を意味する。

旅行ガイドなどにはドゥオーモとそのまま書いている。
ドゥオーモ - Wikipedia

つまり、通称「ドゥオーモ」といえどもそれぞれの大聖堂に名前はちゃんとあります。
フィレンツェの場合、「ドゥオーモ=サンタマリア大聖堂」ということになります。



f:id:ryugaku_summer:20160126092304j:plain
これです!なんと美しい。この上の「クーポラ」という部分に登ります。

そのとき時刻は8:00。ドゥーモが空くのは10:00。
2時間近くある。

そこで朝食をとることにした。

カフェラテ、クロワッサンで2.8ユーロ?!

f:id:ryugaku_summer:20160126093407j:plain
ドゥオーモのすぐ前にあるおしゃれすぎるカフェに目を留めた。

f:id:ryugaku_summer:20160126092513j:plain
SCUDIERIというお店
トリップアドバイザー口コミ

f:id:ryugaku_summer:20160126124452j:plain
ドゥオーモと目と鼻の先。

こんな素晴らしすぎるロケーション、きっと観光客価格なんだろうな、と絶望的な気分になりながらも、お腹がすいて死にそうだったので店の中に入ってみた。


めっちゃおしゃれ

f:id:ryugaku_summer:20160126092741j:plain
高級感溢れる店内。ホテルのラウンジみたい。

店内を見渡すと、パンやケーキが置いてあるカウンターと飲み物を出すカウンターに分かれている。

f:id:ryugaku_summer:20160126091507j:plain

f:id:ryugaku_summer:20160126091533j:plain

そして店の隅にコンシェルジュみたいな人が立っている。
f:id:ryugaku_summer:20160126095911j:plain



で、どうやって頼むの!!!???

謎である。


コンシェルジュに尋ねてみる


わたし「Excuse me, I would like to know how to order…」
(すいません、どうやって頼むの・・・)


このまんま言った


われながらPoorな英語であるw


コンシェルジュ「What would like to drink?」
(なに飲みたいの?)

わたし「Caffe latte」
(カフェラテ)

コンシェルジュ「Two クロワッサン?」

わたし「う〜ん、one」

コンシェルジュ「2.8ユーロ」


そうなんです、コンシェルジュがレジで、そのレシートを見せてパンと飲み物を貰うシステムだったんです!

ちなみにこのコンシェルジュ、同い年くらいのセクシーな女性だったんだけど、めちゃくちゃ優しかった。


しかし2.8ユーロってめちゃ安くない?!

わたし「What?! Wao.. It's.. cheap!!!」
(えっ!まぢ?!安!!)

コンシェルジェ「にっこり」


ちなみに内訳は

カフェラテ1.6ユーロ
クロワッサン1.2ユーロ


安い!!!

サンタマリア大聖堂の目の前という最高のロケーションで、ホテルのラウンジの様な高級なカフェ、そしてこんなに美味しいカフェラテとクロワッサンを堪能して2.8ユーロ(378円)やで?!?

サービスも価格も、ローマとは大違い。
フィレンツェさいこー!!!


レシートを握りしめてパンが置いてあるカウンターへ。

それぞれの商品に値段の表示があるので、クロワッサン以外のパンやパイでも1.2ユーロのものならなんでも選んでいいと察した。


そこでわたしはパイをチョイス。

わたし「Can I have this one? (レシートを見せながら)」

おっさん「OK マダム」


パイゲット!!!


その後ドリンクのカウンターでカフェラテゲット!!

f:id:ryugaku_summer:20160126093729j:plain
*立ち飲みおじさん沸いてた


わたしは立ちは疲れるので、眺めの良い席に着席!!!


ちなみにwi-fiも無料で使えました。
(コンシェルジュにパスワード聞きました)

f:id:ryugaku_summer:20160126091648j:plain
カフェラテはたっぷり入ってて美味しいし、
パイも美味しくて本当に満足だった^^

我ながらいいお店見つけたなあ・・・


1時間くらいゆっくりして、今度は路上のマーケットに繰り出すことに。
次記事へ続く。
ryugaku-summer.hatenablog.com